■その他の麻薬

■コデイン(CODEINE)=メチルモルヒネ(METHYLMORPHINE)

■通称

スクール・ボーイ(男子生徒)

 コデインは最も安価で効果的な鎮咳剤で、かつ多少は鎮痛効果もある薬として、人類が有史以前から使用し続けていた物質です。この薬はあへん系麻薬ではありませんが、よほど長期間にわたり、而も多量に用いない限り中毒にはなりません。禁断症状もヘロインやモルヒネほど激烈なものではありません。(我国では、重量比で1,000分の10以下のコデインを含有する風邪薬などは、麻薬の規制から除外された「家庭麻薬」として、一般に市販されています。)コデインもあへんから抽出される物質です。いわば、兄貴格にあたる物質であるヘロインやモルヒネと異なり、コデインは錠剤或いは鎮咳シロップなどの形で、経口摂取されたときに効果を発揮します。

 沢山の薬が複合的に入っている製剤の、一つの成分としてコデインの働きは、中枢神経の抑制作用です。咳を鎮め、痛みも多少和らげるといった効果がありますが、その反面腸の働きを抑えますので便秘の原因にもなります。稀には悪心を伴います。全体的にはモルヒネの効き目よりも穏やかですが、アスピリン、ダーヴォン(Darvon)、デメロル(Demerol)、ペルコダン(Percodan)、ティレノール(Tylenol)、エンペリン(Emperin)などに比べ、鎮痛効果は大きいものです。

 乱用者でない普通の人の場合、咳止めや鎮痛剤を2〜3週間使ったとしても、不安や危険は全くありません。

鎮咳用シロップ(COUGH SYRUP)

 咳止めシロップそのものが乱用薬物という訳ではありませんが、長期にわたる乱用は身体的依存を作ります。乱用者が急場をしのぐために咳止めシロップに注目する理由は、大抵の咳止め薬にはアルコールとコデインが入っているからです。(日本でも昭和50年代には相当流行しましたが、今でも乱用する人がおります。コデインの含有量は少ないため、乱用者の中には何本も一度に飲むような無茶な人もおります。)

■パレゴリック(PAREGORIC)

■通称

ゴリック(Goric)

 多くの麻薬の中でもこの「パレゴリック」は子供用のものです。作用はマイルドですから大人も子供も安心して使え、子供の下痢止め等としても用いられます。パレゴリックは、あへん、カンファー(樟脳)、アニス・オイル(地中海沿岸に生育する植物の抽出物)、安息香酸から成り立っている薬です。この内、あへんは腸の働きを抑えますので下痢を止める作用がありますし、甘草独特の刺激的な味は、アニスによるものです。

   この薬はそのまま飲んだり、水で割って飲んだりします。普通は4〜5時間置きに茶匙一杯位を服用します。ところが中毒者になりますとマイルドな麻薬として、或いは鎮静作用を期待して、瓶一本をまるまる飲んでしまう人もいます。稀ではありますが、これらの者のなかには、パレゴリックのヤニ状に付着した成分を削り取って、これを注射する者さえおります。また、薬効をより強力にするために、タバコやマリファナをこの薬に浸してから吸う人もおります。