■薬物乱用の三要因

一般的にいって薬物の乱用や依存は、依存性を有するAgent要因としての<薬物>と、薬物を使用するHost要因としての<ヒト>と、薬物の使用を取り巻くEnvironment要因としての<環境>とが合わさったところに、成り立つと考えられる。これらの条件が整うと、大流行も見られるのである。