[ ペヨーテ(PEYOTE)の詳細 ]

■通称  アンハロニウム(anhalonium)、ヒコリ(hikori)、フアトーニ(huatoni)、メスカル(mescal)、メスカル・ボタンズ(mescal buttons)、ペヨティル(peyotyl)、セニ(seni)、ワコウィ(wakowi)。

この鼠色のサボテンはメキシコ及び米国南西部原産の植物です。成育中のこの植物の肉付きの良い緑色の先端部分は白い毛で覆われた房状のもので、地面からニョキッと顔を出しています。乾燥させますとボタン状のものは茶色に変わります。規制薬物の原料でありますため、国境を越えてこの植物を持ち出すことはできません。