-ピノ・アルラッキ国連薬物統制計画(UNDCP)事務局長ステートメント-

はじめに:
皆さんおはようございます。まず私は、今次特別総会の準備期間の役割を果たした麻薬委員会の委員長、ポルトガルのメンドンカ大使に深い感謝の意を表したいと思います。準備機関が包括的な政治宣言案と革新的な行動計画を作成できたのは大使の卓越した指導能力の賜物です。

積極的なメッセージ:
世界の指導者達による大きな会合は、社会運動の終わりを意味することもあれば、その始まりを意味することもあります。今週の私達の会合は、薬物のない21世紀に向けた国際社会の旅路を導く、灯台の光のようなものだといえましょう。薬物のない世界など実現できないという人々もいます。「だから諦めて、資源を他に使った方が良い」と。このような悲観論者達は、国際社会が決意を持って大問題の対処すればどれだけの成果が達成できるかを知りません。人権と男女平等の推進、環境の保全などについて、私達が歩んできた道のりを見ればおわかりになるでしょう。世界がこれらの課題を放っておいたとしたら、今頃どうなっていたでしょうか。私達の集団的努力によっても、薬物問題に大きな効果は期待できないとする意見について、私は納得できる根拠を聞いたことがありません。

政治的コミットメント:
9カ月前に事務局長に就任して以来、私は、不正薬物対策への各国政府及び人民のコミットメントによって勇気づけられてきました。私はまた、日本の麻薬・覚せい剤乱用防止センターによる毎年恒例のキャンペーンを始め、草の根レベルの非政府機関や個人の貢献によっても感銘を受けました。特に私は、今春カナダのバンフで開かれた青少年フォーラムに24カ国から集まった200名の若者達の献身的な努力に心を動かされました。

今次特別総会では、各国政府の意志と決意が如実に示されています。水曜日には、新世紀を迎える中での国際薬物統制の進め方に関する合意を携えて、私達はニューヨークを後にします。この合意の主な要素は何でしょうか。

まず、特定の期限までに達成すべき措置と目標のパッケージがあります。おそらく最も重要なことは、このパッケージが、需要削減を新たな世界的薬物統制戦略の一つの柱とすることで、真にバランスの取れたアプローチを包含しているということでしょう。事実、皆さんが採択することになる需要削減に関する宣言では、新たな均衡が達成されています。第二に経験に基づき、2008年までに大麻、コカおよびケシの不正栽培を根絶あるいは大幅削減するという合意が見られます、

第三に、各国政府は5年以内に、1988年条約のマネー・ローンダリング規定を強化するという固いコミットメントを行うことになるでしょう。

第四に、合成薬物と前駆化学品の問題に対処するという国際的コンセンサスが見られます。最後に、司法共助、犯罪人引渡および海事協力の分野をはじめとして、司法協力を拡充する必要性が認識されています。

政治的弾みの活用:
これらの措置はすべて明確な目的を持っています。薬物統制問題は、世界的な最優先課題となりました。しかし、この政治的な弾みを活用しなければなりません。国内レベルにおける成功は、これらの計画を自らのものとし、具体的成果を求める皆さんの強い決意にかかっています。今こそ皆さんの約束を実行に移し、薬物対策の推進を国際的優先課題とし続けなければならないのです。 国際的なレベルでUNDCPは、あらゆる側面から各国政府に目標達成を支援していきます。私達は既に、薬物問題対策の新しいイニシアチブを推進する上で、皆さんとの密接な協力を行っています。例えば、私達が最近完了した研究は、銀行の秘密性と金融「逃避所」が、マネー・ローンダリング防止に関する国際協力の妨げになっていることを明らかにしました。

皆さんが採択する文書は、UNDCPの活動に幅広い意味あいを持たせることになります。UNDCPがこの地球的戦略に適応するためには、21世紀の新たな課題に立ち向かうことが必要です。私達は、研究とノウハウの地球的接点となることで、その実現を図っています。私達は、薬物統制における新たな問題と動向に対処する世界的早期警戒システムとしての役割を果たさなければなりません。このために、私達は、戦略的に考え、地球的調整役として機能し、問題発生地点のすぐ近くで活動していく所存です。

しかし、現在の資源でこれらの期待は充足できません。さらに努力を続けていくとしても、正直なところ、現在の6,000万ドルの予算ではこのような指導力を発揮することは困難です。私達が望んでいるのは被現実的な理想ではなく、任務遂行の為の適切な道具なのです。麻薬戦争なるものはこれまでも存在しませんでしたし、これからも存在すべきではありません。薬物問題はむしろ病気のようなものだということは、私達全員が分かっていることです。ですから、私達はともに、患者を治療し、薬物密売人と犯罪集団に対抗し、不正栽培に関与する人々に代替的な生活手段を提供していかなければならないのです。

ご静聴ありがとうございました。