薬物乱用と心身の影響
薬物乱用を防止するために
薬物乱用とは何か
乱用される薬物について
脳の働き
薬物乱用の影響
薬物依存
フラッシュバック
回復と再乱用防止
乱用のきっかけ
薬物に手を出さないために
薬物乱用に関係する法律
薬物の誘いを断るヒント
薬物の種類と影響
薬物の種類について
覚醒剤
大麻
コカイン
有機溶剤
危険ドラッグ
(合成カンナビノイド系)
危険ドラッグ
(合成カチノン系)
MDMA・幻覚剤
向精神薬
処方薬
薬物乱用防止・関連情報
統計資料
第五次薬物乱用防止五か年戦略
【指導者向け】WEB講座
薬物乱用防止Q&A
【企画】世界の薬物事犯の情報
薬の正しい使い方
薬の正しい使い方
相談窓口一覧
全国の相談窓口
フラシュバック


薬物依存症になってしまい、組織が変化してしまうとこれを治療する特効薬はありません。

治療を受けて、薬物を使わない生活をつづけ「回復」した状態になったとしても、何かの刺激によって再び幻覚・妄想などの精神異常が再燃することがあります。

これをフラッシュバック(自然再燃)現象といいます。

top

top

薬物の場合は、不眠や過労、飲酒、ストレスといったちょっとしたことで、幻覚や幻聴といった精神症状が起きて、再び薬物を求める精神症状になってしまいます。

その結果、せっかくやめていたのに再乱用してしまった方もいました。

止め続けるためには本人の意思だけでなく、周りの方のサポートが不可欠です。